独学で半年後にTOEIC800点を取得する方法を公開中!初めての方はこちらから

Six-figure salary

最近オンライン英会話では、Harverd bussiness review を使ってレッスンをしています。

通称HBRって呼ばれています。

https://hbr.org/

今回は、次の記事を読んでいました。

Why Some High Performers Are Quitting Big Companies to Work for Themselves

https://hbr.org/2019/01/why-some-high-performers-are-quitting-big-companies-to-work-for-themselves

この記事の中にSix-figure と言う単語が出てきたのですが、ぱっとすぐに意味が分かりませんでした。

Six-figure とは

Oxford learners dictionaryには

used to describe a number that is 100 000 or more

https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/english/six-figure

と書かれています。つまり、100,000かそれ以上の数字を表すときに使うようです。(実際は100,000 から 999,999)

そして、salary やincomeと合わせて使うようです。

日本語でも1千万円稼ぐ人は4桁とかって言い方するのに似ている感じですかね。

USドルでsix-figure salaryって言うと、1ドル100円換算で、1千万円から1億円未満ですから、かなり稼ぐ層を指す言葉だと思います。

上の記事もストレスが多く制御の効かないsix-figure incomeと引き換えに人生の幸福を失っていると書かれている部分があります。

がむしゃらに走り続けて、努力とともに給与も上がって、ようやくsix-figure salaryになったころには、自分が置かれている立場や動きにくさに気づいて、徐々に独立を考える人も増えるのかも知れません。

このように努力してsix-figureを手に入れた人は、High performer であり、特殊な技能が身に付いていると思うので、リスクを取って独立したいと思うのも納得できます。

わたしも頑張ります!

皆さんも一緒に頑張りましょう!