Fire TV stickで自宅テレビを海外仕様に

(追記あり 2018.06.20)

 

久しぶりの投稿になります。

2月後半から家族の事を優先できるような環境を整えるため、引っ越しやら会社側との交渉やらでバタバタしていました。

今3ヵ月程かかって、ようやく引っ越しの荷物が片付き、あたらしい場所での生活がスタートしました。

 

今日は新生活に合わせて、英語と常に接するための環境づくりの一つとして、テレビで英語ニュースを見ることが出来ないか検討してみました。

 

自宅のテレビで英語のニュースを流しっぱなしにしたい

 

毎回、海外に行ったとき、テレビはいつもCNNのようなニュース番組を流しています。

これが自宅で出来たら良いなぁってずっと前から思っていました。

これを実現するためには

  • 光テレビ
  • スカパー
  • Fire TV

などが挙げられますが、月額利用料がかからずお得なFire TVを私は選択しました。

アマゾンのプライム会員なので、大画面でPrime動画をより楽しめるって事も考慮しました。

 

Fire TV stickを購入

アマゾンにどっぷりはまっている私はFire TV stickを早速購入して、Set upしました。

 

テレビへの接続、Wifiの接続は簡単に出来ましたが、なぜかホーム画面がログイン状態にも関わらず表示されませんでした。

 

Fire TV stickは発送時に、すでに自分のアカウントが設定されていました。

2段階認証を設定している自分は、事前にアマゾンがアカウントを設定しているとは言え、2段階認証なしで、大丈夫なのかと思い、ログアウト→ログイン→2段階認証コードの入力を行ったところ、ホーム画面も表示され、今まで見たプライム動画の続きのシーズンなども表示されるようになりました。

 

Fire TV stickはアプリをインストールすることで、海外ニュースを見ることが出来ます。

 

インストールしたアプリ

今回は手始めに以下のアプリをインストールしてみました。

  • NHK world news
  • USA today
  • BBC News for Fire TV
  • TED TV
  • Bloomberg TV+

をインストールしました。

NHK world newsは普段日本語で聞いている内容を英語で聞くことになるので、話題背景を理解できる点で、分かりやすいです。

ニュースの合間にも日本の情報を英語で発信しているので、身近な話題の英語訳などを参考にすることが出来ます。

USA todayとBBCは短い動画を連続再生することが出来ました。

Bloomberg TV+はビジネスマンへのインタビューや現時点で起こっている問題に対するディスカッションなどを聞くことが出来るようです。背景や使われる単語が不慣れだと、ほとんど理解できなさそうです。

 

その他、TEDのアプリもインストールしました。

TEDも最高です。人生にプラスになるような話を聞くことが出来ます。

 

Fire TV stickは5000円弱で購入できますし、上記のアプリを使用して英語環境を手に入れることが出来、英語学習者にお勧めのアイテムだと思います。

テレビをダラダラ見るよりも、少しでも英語に触れてみるのはいかがでしょうか?

ただただ英語を流しているだけでは、英語力は上がらないと思いますが、ついついワイドショーを見て過ごすよりはずっと良いと思います。

 

簡単ですが、以上Fire stickで英語漬けの環境についてでした。

 

 

追記 (2018/06.20)

Amzonの新サービスとして Amazon video/ チャネルが利用可能になったようです。

 

 

 

アプリでもBBCはFire stickで見ることが出来ます。
ただし、BBCの動画は時々無音で字幕が付いてるだけの場合があったり、一度動画を見終わってしまうと、操作しないと再度再生が出来ないなど、聞き流しとしては不便さがありました。
逆に英語字幕があるので、聞きながら字幕を目で追うことが可能という点もありますが。

アプリとチャンネルでどういった違いがでるのか。興味深いです。
たぶん、BBCのライブ配信を同じように視聴できるのではないかと思います。
そうなるとまさに海外の環境が自宅で再現できると思います。

 

いずれにせよ、日本のワイドショーを見て時間を過ごすより、今海外で何が起こっているのかに目を向けることは、英検1級の面接の準備にもなりますし、メリットばかりだと思います。

 

 

 

Follow me!