【たった1分英語学習】「years’ time」の使われ方を英文ニュースから学ぼう!


皆さんこんにちは。
4月から新しい生活を始めた方もいるかも知れませんね。

うちの長男は、保育園を別の保育園に変えました。
新しい保育園ね、ちょっと微妙です。
例えば、おやつタイム。

前の保育園は、りんごやオレンジのフルーツやヨーグルトだったのに、今は「うまい棒!」
今日の献立を見たら「つぶっこ」って書いてありました。

別にうまい棒やつぶっこを批判していませんが、もうちょっと、もうちょっとだけ、自然で健康的なものにして欲しいのです。
まぁ、子どもたちは喜んでいるし、先生方も忙しいので致し方ない部分も理解しますが、前の保育園の経験があるので、比べてしまいますね・・・。


だから自宅でのおやつは、「煎り大豆」にすることにしました!




さて、今日は
福島第一原発事故の処理水放出
に関する英文ニュース記事から一文抜き出します。

どうぞ最後までお付き合いください。


今回は、「〇〇 years’ time」という表現に注目します。
他にも次のような単語が記事にはあります。

  • opposition to:~への反対
  • the Pacific:太平洋に
  • radioactive:放射性の
  • crippled:機能不全の
  • with S ing:Sが~している状態で



それでは、今日も人生を切り開くために、英語学習を始めましょう!

今日の英文ニュース記事

今日の英語ニュース記事は、Japan Today より拝借しています。

Japan’s neighbors react strongly to Fukushima water release decision
https://japantoday.com/category/politics/update3-japan’s-neighbors-react-strongly-to-fukushima-water-release-decision

China, South Korea and Taiwan on Tuesday expressed opposition to Japan’s decision to release into the Pacific treated radioactive water that has accumulated at the crippled Fukushima Daiichi nuclear power plant in two years’ time, with Beijing calling the move “extremely irresponsible.”

https://japantoday.com/category/politics/update3-japan’s-neighbors-react-strongly-to-fukushima-water-release-decision
英文解説

ピックアップセンテンス理解するために、主語と述語を探してみましょう。

少し考えてから、下の答えを確認してください↓


主語:China, South Korea and Taiwan
述語:expressed

momentum の使われ方

今日の記事の中には、「in two years’ time」という文があります。

in 〇〇 years’ time は「〇〇年後に」という意味になります


例文)
In two years’ time there is a presidential election.
2年後に、大統領選があります。

直読直解トレーニング

次の直読直解のトレーニングです!
英文を頭から理解する感覚を身に着けていきましょう。

China, South Korea and Taiwan
中国、韓国、台湾は

on Tuesday
火曜日に

expressed
表明した

opposition to Japan’s decision
日本の決定への反対を → 表明した
opposition to:~への反対

to release
放出する →という決定

into the Pacific
太平洋に
the Pacific:太平洋に

treated radioactive water
処理された放射性の水
radioactive:放射性の

that has accumulated
つまりそれは、蓄積されたいる

at the crippled Fukushima Daiichi nuclear power plant
機能不全の福島第一原子力発電所で
crippled:機能不全の

in two years’ time,
2年後に
〇〇 years’ time:〇〇年後に

with Beijing calling the move “extremely irresponsible.”
北京(中国政府)が呼んでいる状態で
with S ing:Sが~している状態で

the move “extremely irresponsible.”
その動きを「非常に無責任」と →呼んでいる

さいごに

皆さん、今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
今日は付帯状況のwithが出てきましたね。

付帯状況のwith は
with S ing:Sが~している状況で
with S 過去分詞:Sが~あれている状況で

と訳されます。


この記事が皆さんの英語学習の助けになったら、嬉しいです!

参考までに私のプロフィールはこちら↓
自己紹介
私の英検1級までの道のりはこちら↓
私の英検1級までの道のり
分かりやすい動画で英文法をやり直したい方はこちら↓
英検1級の私も愛用!スタディサプリで英語学習を加速させよう!
楽天ひかりで5万円浮かせた話はこちら↓
【お得情報】楽天ひかりで6万円浮かせた方法を解説!乗り換え手順付き