2019.7.30 英語ニュース記事:平均寿命ランキング。日本は何位?

たまたまこちらのYoutubeを見ていました。
内容的には医学部を目指す高校生向けですが、私にもちょっと心に響きました。

頭に銃を付けられていると思って、1日16時間勉強する!
人生を変えるために16時間勉強するんだ!

大人になって必死に英語勉強して、給料上げてやる!とか出世してやる!とか思っている方にも参考になります。

自分も人生変えるために英語勉強しています!

それでは、今日も英文ニュースを読んでいきましょう!

今日の英文ニュース記事

今日の英語ニュース記事は、The Mainichiより以下の記事を選びました↓

Life expectancy of Japanese women at 87, men at 81

このニュース、昨日の夕方のニュース番組でも取り上げらていました。
世界で一番長寿の国(地域)は香港だそうです。
番組では香港について解説しており、お年寄りに対して銀行で商品券がもらえるなどの優遇措置があり、お年寄りも生きやすい場所を目指していると伝えていました。

それでは、早速記事の内容を確認していきましょう。

記事内容の紹介

  • 2018年の世界平均寿命ランキングにおいて、日本は女性2位、男性3位をキープした
  • 女性の平均寿命は87.32歳、男性は81.25歳であった
  • トップは香港で、女性は87.56歳、男性は82.17歳であった
  • 厚生労働省は女性は脳血管疾患と肺炎の減少、男性はガンの減少により、平均寿命が延びた
  • 1985年から2010年まで、日本の女性は英検寿命で世界一位であった。しかし、2011年の東北大震災の影響で、香港にその座を譲った
  • 2015年以降、再び香港がトップの座を維持している

覚えるべき表現

  • life expectancy: 平均寿命
  • cerebral vascular disease:脳血管疾患
  • pneumonia:肺炎
  • denote: 表す
  • relinquish:手放す

記事の感想

平均寿命という言葉も有名ですが、最近は健康寿命という言葉も聞くようになりました。

Wikipediaによると、健康寿命とは

健康寿命(けんこうじゅみょう、英: Health expectancy, Healthy life expectancy)とは日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと

となっています。

昨日のニュース番組では、健康寿命と平均寿命の差が10年と言っていました。
つまり、寿命を終える最後10年間は、医療や介護のサポートが必要になるという訳です。

この差を縮めることが今後の課題です。

個人的には、朝目覚めると笑顔でぽっくりというのが、理想です。
介護の負担は大きいので、出来る限り家族に負担をかけずに、人生を全うできたらと願っています。

まだまだ死ねません!
子供の成長も楽しみだし、もっともっと達成したいことがいっぱいあります。

このブログのトップページにも張り付けてありますが、

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。
だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

これを胸に今日も一生懸命目標に向かって頑張りたいと思います。

皆さんも一緒に頑張りましょう!

 

 

Follow me!