独学で半年後にTOEIC800点を取得する方法を公開中!初めての方はこちらから

英語学習メモ:副詞が前に出た倒置

こんにちは!

今日は、「場所の副詞+自動詞+主語」の倒置について書きたいと思います。

 

普段音読用に使用している速読速聴英単語・Business1200に次の英文を見つけました。

Within each business  group are a number of divisions.

「within each business group」が文頭に出て、主語の位置にあります。

主語になれるのは、名詞や代名詞ですから、within each business groupは副詞で主語にはならないように思い、毎回音読するたびに違和感がありました。

 

そこで、時間がある時に調べたところ、これは倒置により語順が変化した文章のようです。

倒置とは

All in Oneの解説によると

5文型に見れる原則的な語順が無視されることを倒置と言う

身近な例はBe動詞の疑問文

と書かれています。

Forestには、

驚かせてから話を進めるために文頭を強調したり、おいしいネタを最後までとっておくために、文末に重要な要素を回す

と書かれていました。

 

私が違和感を感じた

Within each business  group are a number of divisions.

という英文も、並び替えると、

A number of divisions are within each business group.

となり、Be動詞も主語と一致します。

倒置の訳だと

それぞれのビジネスグループには多くの部門がある。

倒置の文を並び替えた訳だと

多くの部門がそれぞれのビジネスグループにある。

 

となります。

倒置により、多くの部門と言う情報を後に回したかったのでしょう。

語順に違和感があったら

倒置を疑おう!と言うのが、私の今回の学びです。

私は、英語の語感を音読によって自分の中に取り入れてきました。

何度か触れていますが、英文の構造が理解できているものを何十回も読み込んでいきます。

英文の構造が把握できなくて、意味が分からないものをいくら読んでも、身になりません。

 

効果的な音読をするためにも、上記を気を付けるようにしましょう!

 

それでは、引き続き英語学習頑張っていきましょう!