Reference Checkを初めて書きました。

以前、あるプロジェクトで一緒に働いたことがある香港の同僚からReference Checkを書いてくれないか?と頼まれました。

 

Reference Checkって?

日本ではあまり馴染みがないのですが、海外ではよくあるようです。

日本語に訳すと、「経歴照会」とか「身元保証」「推薦書」になるようです。

今回は元同僚 (今は良き友)が転職することになり、転職先に彼の仕事ぶりを彼が伝えることが必要だそうです。

彼はまず、転職先に私の名前とポジションと連絡先を伝えていいか?と聞いてきたので、快諾しました。

 

Reference Checkの内容

 

すぐに、先方のHuman Resources (以下HR)より、丁寧なメールとともにワードのファイルが送られてきました。

質問は、6項目あり、おおよそ以下のような内容です。

 

  1. 知り合って何年か
  2. どんなタスクをこなしていたのか
  3. 彼の強みは何か
  4. 困難に立ち向かう能力はあるか
  5. 上司、同僚、部下とはどうやって関わっていたのか
  6. どんな実績があるか

最後に、彼をもう一度雇いたいと思うか?という設問がありました。

もちろん全て英語で書かれています。

どんなことを書いたか

どんな事を書いたか、ご興味があるかも知れませんが、ここでの公開は避けておきます。

一応、こちらのサイトを参考にしながら、具体的な事例を挙げて、書きました。

 

How to Write a Letter of Recommendation

私の好きなサイトの一つのGrammar Girlです。

Grammar girlによるとポイントは

  1. 当然ですが、本人ついて書く。主語は私ではなく、対象者で始める。
  2. 実績とその詳細を示す。
  3. 誠実に真実を挙げる。

ただ単に褒めまくるだけではなく、具体例を挙げているので、内容の信用度も上がっていると思います。

 

彼の将来に関わるので、2日かけて書き上げました。

英語で書かなきゃならなかったので、思った以上に時間がかかってしまいました。

 

彼と私は、お互い尊敬しあっていて、一生の友ともいえる存在です。

 

彼の幸運を祈ります!

 

追記。(2018.06.14)

その後、彼は無事この転職先に就職しました。
ただし、数か月で辞めたようです。
詳細までは聞きませんでしたが、香港から中国本土まで毎日通っていたため、家族との時間が少なくなってしまったことも、一つの要因だったようです。
その後、彼は政府系の職にありつき、今では子供も授かり、毎日充実してた生活をおくっているそうです。

Follow me!