日本語を最大限利用して英語を理解 ALL in ONE より 293 could とcan

ALL IN ONE を主体に自習を進めています。

canとcouldについて自分のメモのように書いておきます。

以下ALL IN ONEからの説明です。

can; 出来る、ありえる。

could; 出来るであろう、ありえるだろう。could が過去のことを表すのはまれ

canの例文

He can easily do it. 彼はたやすくそれが出来るであろう

He could easily do it. 彼ならたやすくそれが出来るであろう。

この違いは日本語訳があって初めて理解できるようになると思います。

英文法は要らないとか言ってないで、大人の方は日本語の知識を最大限活用して、英語の感覚を理解していくことが早道だと思います。

 

それでは一緒に頑張っていきましょう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です