独学で半年後にTOEIC800点を取得する方法を公開中!初めての方はこちらから

子育てと英語学習

久々の投稿になります。

実は8月長男が産まれて、慌ただしい毎日を送っています。

聞いてはいましたが、子供が産まれて、家庭が子供中心になりました。

自分が昼間働きに出ている間は、妻に子供を任せていますが、妻の体力や精神的な強度を考え、毎晩8時頃から11時頃までは自分が長男の面倒を見ています。

この3時間は、妻のフリー時間です。寝ようが、友達と電話しようが、ネットで映画を見ようが、彼女の自由な時間です。

自分の受け持ちの時間に、長男がおとなしくしていてくれれば、持ち帰った仕事をしたり、英語の本を読んだりと、比較的自分の好きなように使えます。

ただ、うちの長男は、どうやら自分の受け持ちの時間 (20-23時)はご機嫌が斜めなようで、ほとんどの時間抱っこしていないといけない時があります。

英語力の低下は急速に

こういう状況だと、英語に割ける時間ってあまりなく、オンライン英会話を予約しても、子供の機嫌によってはレッスンを受けられないこともあります。

さらに、1ヵ月ほど英語に触れる時間が減ったため、自分でも英語力の低下を認識するようになりました。

例えば、電話会議で以前よりも英語のリスニング理解度が下がっている、もしくわ、かなりの集中力を使わないと早い英文についてけない。

また英語を発信するときも、思うように英文が出てこない。単語を忘れかけており、適した単語がスムーズに出ないため、回りくどい説明をしている等々、自分でも実感できる症状(?)が出てきました。

何年もかけて、ようやく使えるようになってきている英語が、崩壊しているように感じました。

あやしながらの英語学習

そして、あやしている時にでも、両手が塞がっていても、英語に触れる時間を作らないと!って考えるようになりました。

長男は泣き出すと、元気いっぱいに大声で泣くので、近所の事も考えて、すぐに抱っこして、あやすようにしています。

泣き出したら、リスニング用の音源をかける暇がない位の迅速さであやします。

そこで、抱っこしながらでも、英語学習が出来る準備を事前にすることにしました。

 

あやしながらの瞬間英作文

 

いつも使っているAll in Oneと言う教材にはReview用の英作文がエクセルでまとめらています。

これを印刷して、壁に貼り付け、抱っこしながら、瞬間英作文をするようにしました。

 

まだ始めて1週間程ですが、All in Oneの例文自体は実践的で、そのまま使える英文も多いので、暗記には最適です。

それに、歩きながら(体を動かしながら)の暗記は、より記憶に残るって聞いたことがあるので、脳科学的にも理にかなっているかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

妻の理解が必要

細切れ時間を出来るだけ使って、子育てしながら仕事もしながら、英語を向上させることは可能かも知れません。

しかし、将来への自分への投資は、ひいては家族の幸せにも繋がると思うので、妻の理解を得て、英語学習の時間を確保できるようにすることも、大切なように思います。

大変ですけどね。

 

皆さんも一緒に頑張りましょう!