独学で半年後にTOEIC800点を取得する方法を公開中!初めての方はこちらから

効果的だった英語学習法

自分もまだまだ英語学習が必要なレベルですが、社会人英語学習歴7年を超えて、効果的な学習方法を振り返ってみたいと思います。

一番効果的だったのは、基礎となる文法を一通りやり遂げたことだと思います。

文法などいらないと言う人もご自身の経験から、英文法は要らないと考えているのでしょうが、私の経験から言うと、大人になってからの英語習得には英文法の基礎が必須だと思います。

自分は基礎の英文法を通して、文の構造解析力を身に付けました。これが身に付くと、会話の中で、次に来る文の形が想像できるようになって行きました。

次に効果的だったのは、ニュースなどを使ったDiscussionタイプのレッスンだったと思います。当時はまだ初級者で、毎日苦しんだのを覚えていますが、振り返ると、とても効果的なトレーニングだったと言えます。

 

自分の今の課題は発音ですね。自己流を改めるために、発音記号から学び直しています。

海外の同僚と話した時に、自分の英語が伝わらず、自分が話した文章を、なんとか聞き取った外国人が、そのままの英文を最初から発音し直して、周りにいた同僚が理解できたという経験があります。

つまり、文の構造や使う単語はふさわしかったのに、発音やリズムが悪くて、相手に伝わっていなかったのです。

これは衝撃で、その後、無言になってしまいました。

 

Direct Methodはヨーロッパ等の英語に近い言語の学習者には、効果的だそうです。つまり日本人には・・・。

 

これをお読みになっている英語学習者が、少しでも最短距離で、英語を身に付けられると、自分も励みになります。