【スタディサプリで大人のやり直し英語】高3 スタンダードレベル英語<文法編>仮定法 倒置とifの代用は必見でした!

今日の神授業は「仮定法」です。

正直、自分も苦手な分野です。

神授業で、苦手がなくなると良いな~

それでは、いってみましょう!


今日の神授業

今日は
高3 スタンダードレベル英語<文法編>  第3講 仮定法
の神授業です。


今日の神 1

助動詞の過去形が出てきたら、仮定法を考える!
would と could が出てきたら、仮定法の可能性が高い!

Will you~? ~してくれる
↓丁寧にする
Would you~? もしよろしければ~してくれませんか?

would は仮定法!

ifは現実の事を話す時と、仮定(妄想)を話す時の両方で使われる


今日の神 2

仮定法過去 →今の妄想
 If S 過去形 , S would 原形


仮定法過去完了 →過去の妄想
 If S had p.p. , S would have p.p.


仮定法過去と仮定法過去完了の混合
 If s had p.p., S would 原形
 「もし(あのとき)~ならば,(今は)…だろうに」


仮定法未来 →未来の妄想

 ありえないけど、1%位ありそうな妄想の時は↓
 If S should 原形, S would 原形/命令文
 
 完全な将来の妄想は↓
 If S were to 原形 , S would 原形


今日の神 3

倒置
仮定法の if は省略でき、省略した目印に「倒置」になる。
倒置できるのは“Were / Had / Should”のみ


今日の神 4

ifのない仮定法
 would/couldに注意する →if節の代用表現を探す

代用表現
 with/ without/ a 名詞 would / otherwise/


今日の神 5

I wish のパターン
今の妄想 (仮定法過去):I wish S 過去形 「今~ならなぁ」

昔に対する妄想 (仮定法過去完了):I wish S had 過去分詞 「あの時~だったらなぁ」



withoutのパターン
 =But for

If it were not for ~ = Were it not for ~「今~がなければ」
→仮定法過去

If it had not been for ~ = Had it not been for ~「あのとき~がなかったら」
→仮定法過去完了

 


感想

いや~仮定法、スッキリしました~

仮定法って、英文記事読んでいても、よく出てくるんですよね。

倒置になっていると、もうアレルギーが出そうな感じですけど、読み方のコツもわかりました。

ポイントは助動詞の過去形ですね!

あとは、倒置やifの代用によって文が短くなるっていうのも、納得です!

ありがとう、神授業!

今日は以上です。

神授業に興味が湧いた方は、以下のリンク↓

スタディサプリで大人のやり直し英語

(すみません、サーバー代、ブログで使う写真用の費用捻出のため、アフィリエイトリンクになっています。今後も皆さんに有益な情報を提供しますので、ご理解頂けると助かります。)


参考までに私のプロフィールはこちら↓
自己紹介
私の英検1級までの道のりはこちら↓
私の英検1級までの道のり