脱日本語訛り!発音マスターへの道 #4 dʒ・z の正しい発音

脱日本語訛りすべく、発音矯正レッスンを受講しています。

今日はその4回目です

第4回目のレッスン内容

Eの音の復習

Eの音が入るアルファベットとしてGの練習

Eの復習

D
舌を弾いてDの音を出したら、Eの音を出す、舌は口内下に置く

B
息の力で閉じた唇をこじ開けて、Eの音
まだ喉に頼った発生なので、喉を開けるように意識する。
Eの音の時に音が途切れ途切れに震えているように聞こえる。お腹から腹筋を使って太い息を出せるように、少しずつ意識をしていく

z
舌を下ろしたまま、上下の前歯を合わせて、音を乗せる

v
上前歯を下ろして、自然に唇に当たるところに置いて、息を送る


Gの発音方法
  1. 口を尖らせ
  2. 上下の歯と歯の間を開けて
  3. 舌を上顎に擦りながら、ジュの音を出す
  4. その後にEの音に繋げる

口を尖らせてから、Eの音に繋げる時には、舌を口の下部に下ろす。口周りは動きが多い


dʒ と z の違い

自分自身でも、dʒ と z の違いを時々混乱してしまうので、ここで違いを記載しようともいます。

z
zはsの有声音です。
sは顎を少し動かして、上下前歯を合わせ、その隙間に息を送る音でした。有声音は息ではなく、音を送ってだします。
音を送り続ける限り、zの音は出続けます。


dʒはtʃの有声音です。
口の作り方は、Gの時の発音の①~③になります。

dʒ舌が上顎を擦りながら離れる時に出る音なので、一瞬しか出ません。

マジック→magic /ˈmæɪk/
日本人はgをzの音と間違って発音している方が多い→ mazicは間違い


ちなみに、私が持っている数冊の発音本では、sの音は
上前歯裏に舌を近づけて、すき間を作り、そこに息を送る
となっています。
これについて、講師の先生に聞いたところ、その発音の仕方だと、舌が邪魔して、きれいなsやzの音がでない恐れがある。あくまでもsやzは歯で出す音
とのことでした。


発音は講師の先生によって、教わる口の形が変わりますが、これは英語でもどの国の発音を学ぶのか、アメリカだとしても、どの地域の発音なのかによって、変わってるくるようで、極論正解はないのかも知れません。


疑心暗鬼になってしまいますが、私の講師は発音試験で満点の実力者ですので、私は、この方に付いていこうと思います。

4回目の感想

Gの音は、口をとがらせ、ジュの音を出した後にEの音に繋げるために舌を下ろして、口を広げるのをスムーズにやらなければならないが、なかなか難しかった。

gのdʒの音は、tʃ の音を有声音にしたもの
zでもʒ の音ではない点に注意する


まだ、喉に頼った音に聞こえるそうです。
講師曰く、口の動きが慣れてきて、いろいろな単語を練習するに従い、喉を開ける感覚がつかめるようになるとのこと

Eの音を出すときは、とにかく舌を下前歯の後ろに付けて、舌がフワフワ遊ばないように注意する!

練習あるのみ