脱日本語訛り!発音マスターへの道 #3

脱日本語訛りすべく、発音矯正レッスンを受講しています。

今日はその3回目です。

第3回目のレッスン内容

Eの音を含むアルファベットの発音練習で一番多いEの発音とそれを含むアルファベット (D・L・Z・V)を学習

まずは前回の復習から

アルファベットのEの発音方法の復習
  • 口を逆三角形に大きく開ける
  • 口を大きく開けるだけはなく、口の中・喉も開ける
  • 舌は下の前歯の裏に付ける。口の中にピンポン玉が入っているように空間を作る
  • 日本語の「イー」だと響きが少なすぎるので、その違いを意識する


C・T・Pの復習


アルファベットのDの発音方法
  • 舌を上顎の一段高くなっているところに、舌を広げて押し付ける
  • 舌先だけではなく、舌を広く付ける
  • 喉の下あたりから声を乗せる
  • 勢いよく息を出しながら、それを舌で押し止める
  • 息をせき止められなくなって、舌が弾ける時に出る音


DはTの有声音


アルファベットのLの発音方法
  • 上の前歯の後ろに、舌先だけを押し付ける
  • 口を指一本開けておく


Lの音は押し付けた舌の両脇から出てくる音
Lの発音をしている時は、相手に舌の裏が見えることになる
Lの発音をする時に、唇がとがっていくクセがあるので注意する
Lの音は「ラリルレロ」ではない。日本語の「ラリルレロ」を忘れる
Lの音は口を開けて、舌を押し付けて出した、「ウ」の音に近い


アルファベットのZの発音方法
  • 上下の歯を合わせる
  • 舌は口内の一番下にする。
  • 息を出しながら声を乗せる


ZはCの有声音で口の形は同じ
振動が歯に伝わるので違和感があるが、慣れる
舌が前歯の後ろにあると、邪魔してきれいな音がでない

最終的には舌をリラックスさせて、ダラ~ンと口の底に置いておく必要があるが、日本人の場合、リラックスして!と言ってもどう力を抜いて良いのかが分からないため、リラックスの第一歩として、舌先を下前歯の後ろに付けておくようにする。

この習慣が付くと、更に舌を落として、口の底におけるようになる。これがリラックスした状態となる

Zの練習
 腹筋を使って、息を前歯に送り出し、そこからEの音に繋げる


Zの音が入っている単語でも、このZの音は相手に聞き取られにくいので、ネイティブでも少し長く発音する傾向がある


easy:イーズーイー カタカナで書いていますが、Zの音を眺めに出す!

アルファベットのVの発音方法
  • 上の前歯と舌の唇を軽く自然な場所で当てる
  • 声を乗せて息を送る


下唇を噛む必要はなく、上の前歯を下ろしてきて、自然と唇に当てればよい
vもzの音の同じで振動音

v・TVの発音練習
vの音を長く出すようにしてvの音を強調しないと、相手に聞き取られない
送る息の量が少ないと、当然振動音がでない。呼吸法を徐々に英語バージョンに変える必要がある。

第3回目の感想

Eの発音は、使用頻度が高いため、重点的な練習が必要です。

レッスン中に何度も何度も言われましたが、口の形を正しく出来るようにするのはもちろん、口の中を広くとって、喉の方から響くEの音を出すように意識する必要があります。

うまく出来なくて、もがいていますが、頑張ります!