脱日本語訛り!発音マスターへの道 #1

イマイチ自信の持てない自分の発音を改善すべく、発音講座を受講することに決めました。

早速1回目のレッスンを受講しました。

ここでは、1回目に習った内容を記載していきます。

私と同じように、大人になってから英語を学び直し、発音に磨きをかけたい方の参考になったら嬉しいです。

それでは、行ってみましょう!

第1回目のレッスン内容

第1回目として、アルファベットのA・S・T・D・M・P・K・N・H・J・Lを学習しました。

アルファベットのAの発音方法
  • 両方の口角をしっかり上げて、スマイルするように、口が逆三角形になるように大きく開く
  • 上下の歯と歯の間には指が1本入るくらい開ける
  • Aは”え”と”い”の2つの音が入っているが、”え”に9割、”い”に1割
  • 音を伸ばして、「え~ぃ」という感じ。
  • 「 え~ぃ」を発音すている時に、舌が浮いてこないようにする

    日本人の場合は、意識しないと舌が上がってきてしまう。
    なので、舌先で舌の前歯の裏を触って置くように意識する。
    舌が後ろに下がってもダメなので、舌先を下前歯後ろを意識!

eightの練習
え~ぃを言い終わるまでは、舌先が下の前歯の裏に付いているように注意する。


アルファベットのSの発音方法
  • Sの音は、前歯を歯磨きする時のように、上下の歯を合わせる
    かみ合わせのように、上の歯が下の歯をかぶるようにはしない。
    上下の歯を合わせるために、すこし顎をずらす
  • この上下の歯の隙間にお腹からたくさんの息を当てる。
  • きちんと腹筋を使う。
    腹筋を使わないと出ない音
  • ”S”は歯で出す音!
  • 舌は下の歯のところにおく。舌が上がってくると、sの音のじゃまになる

sayを練習
sの音を少し長めに強調する。
日本人は子音が弱いのでネイティブに聞こえづらいから。


アルファベットのT / Dの発音方法
  • 上の前歯の裏から少し下がっていくと、出っ張ってる部分があるので、そこに舌をベタッと付ける。
    舌先だけではなくて、全体をベタ~とつける。
  • 上下の歯が空いた状態で、tとdの音は出す。
    最低でも自分の指が1本入るくらいは開ける
    tとdの音は口を開けて出す音
    唇を尖らせない
  • 慣れるまでは難しいので、tやdの音を出したあとで、口を開けるようにする
  • 顎を押さえて、顎が上がってこないようにして、舌だけをパタパタと口内の上に付けられるように練習する。

Dayの練習
dの音を出したら、素早く舌を下ろして、え~ぃの音を出す。


アルファベットのMの発音方法
  • 口を閉じるが、ただ閉じるのではなく、リップクリームを塗る時のように、少し中に巻き込むようにする。
    そのくらい、しっかり閉じる
  • 唇を巻き込んだ状態のまま、鼻歌をするように、鼻の上の方に音を響かして、ハミングをする。

Mayの練習
唇を巻き込んで、ハミングの音を出しながら、え~ぃと音を響かせる。
子音を長く引っ張り、mM え~ぃというイメージ


アルファベットのPの発音方法
  • 口を閉じて、息を留めて、破裂させる。
    強く破裂させる

Payの練習
え~ぃの音を響かせると、キレイに聞こえる


アルファベットのKの発音方法
  • 喉の方に、クックッという音を付ける

Kの練習
え~ぃの音を響かせると、キレイに聞こえる
cakeの練習
え~ぃの響きを意識する
cameの練習
ケイムと最後のmの音を長めにする。口を閉じたまま、ハミングする。
ムとならないように注意!
somethingはサムシングではなく,サmthィング


アルファベットのNの発音方法
  • 舌先をtとdの時に付けた同じ場所に付け、口を開いたままmの時のハミングをしてみる(鼻にかける)
  • 舌の裏が正面にいる人に見えるくらい、口を開ける。

Nameの練習
口を開けたまま、舌先を上顎に当て、え~ぃを響かせる。
最後のmもハミングでmを響かせる


アルファベットのHの発音方法

まず、CHの発音方法を習得

  • 口を尖らせる
    アヒル口のすごく力が入って上唇がめくれるくらいすぼめる。
  • 上下の歯と歯を開ける
    唇がすぼまった状態のママ縦に開くので、唇が長方形のように開く
  • 舌を上顎に強くこすりつけながら、チィの音
    たくさんの息を送る

Hの練習
え~ぃチィとえ~ぃを響かせる


アルファベットのJの発音方法
  • Hの音を出したときのchに声を乗せる。
  • 口を尖らせ、上下の歯と歯を開ける。
  • 舌を上顎に強くこすりつけながら、ジュの音を出す
    たくさんの息を送る

Jの練習
ジュからえ~ぃにいったら、すぐに舌の歯の裏を触る。口角も上げ、口の中を広げて音を響かせる。

Jadeの練習
Jの後ろにdの音を付ける。
dの音は、口も歯も開けたままにする。


アルファベットのLの発音方法
  • 口を開けたまま、歯も開いたままで、上の前歯の後ろに舌を細くして、舌先だけ付ける。
  • 舌の両脇から出る音で、唇の形は変えない。

Jaleの練習
口を開けたまま、歯も開けて、l
lを出す時に、唇がすぼまるクセが付いているので注意!


第一回目の感想

口の周りがとにかく疲れました。

そして、T, D, Nの音を出すために、舌先を上に付けますが、この時、口を閉じずに、舌先を伸ばすようにして、上に付けるのが、難しいです。
難しいというか、今は無理です。

とにかく、今まで自己流だったこともあり、口の形から修せしなければならなくて、大変です。
逆に言うと、その分改善点が多く、大きく発音が良くなるってことです!
(超前向き!)

引き続き頑張っていきます!